スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転します。

こんにちは。

さいえのブログは今後、新しいホームページ
更新していくことに致しました。
http://cayest.net/

201411-9.jpg


新しいホームページでも、
時にはゆるゆると、
時には食に貪欲に、
時には楽しいこといっぱいの
お知らせしていきたいなーと、
思っております。

新しいお店に向けての、
ささやかな準備でもありますし、
今後の方針を明確にできれば。
と思っています。

さいえのうつわや、さいえというお店が、
みなさまの毎日の生活にどんなふうに
関われたり、提案できたりするのだろう。
ということを、密かに課題にして、
更新していきたいと思っています。

「あたりまえの毎日を楽しく」
「和と洋、いい塩梅のスタイル」
「ご飯をおいしく」
「メイドインジャパンのいいところ発見したい」
私の言葉が曖昧すぎて、伝わりづらかったかな。
という反省もありつつ、いろいろなテーマがあった
さいえでした。
今後も引き続くのですが、

もっと伝えていこう!

と思っています。
伝えたいことが、地味かもしれませんが・笑
でも、お店を閉めたとき、そして、お店がない今も
たくさん応援の言葉や、
励みになるような出来事、出会いがあり、
これからも、もっと具体的に、
もっと楽しく、
発信できたらなーと思っています。
さいえはもっとみさなんに楽しい!と思ってもらえる
場所にできるようにがんばります。

新しいホームページは今までに比べて、
写真メインのサイトになりました。
お買いものもちゃんとできますよ。
買ってくれたら、うれしいです!

それでは、みなさま、
また新しいページでお会いしましょう!

これからもよろしくお願いいたします。


http://cayest.net/




スポンサーサイト

木のプレート入荷しました

こんにちは。

最近、Instagramにて、商品写真を撮っています。
(今まで、そんなこともしてなかったんですね)

でも、商品の写真といっても、残念ながら、使用例の写真は
一点ものも多いため撮れないので、イメージ写真や、
小道具と一緒に撮影して、おもちゃっぽく撮っています。

週に数枚撮る、という作業をしていて、
(あー今までブログで全然商品紹介できてなかったんだなー)
と、改めて気づかされてます。。。

そんなわけで、知っている方もいるかもしれませんが、
さいえの木のプレートの紹介です。

木のプレート
さいえの商品の中でも長く販売されている
甲斐幸太郎さんの木のプレート

濃い色はウォルナット
うすい色はタモ

という木でできています。

木のプレート


そのまま食べ物を盛り付けることもできますし、
コースター+デザート皿として、
カフェトレイとしても使えるサイズです。
木のアイテムは、他にはないやさしい暖かい空間を
演出してくれますね。もっとお料理などを盛り付けたいです。
ごはんをおいしくするアイテムとしては、力のある存在ですね・笑

201411-7.jpg

同じプレートでも、木目や色がけっこう違います。
また、使っていくうちに馴染んだ感じの色合いも
楽しみな商品です。
一番下のトレイは、前回納品のトレイ。
その時の木の色もありますが、
なんとなく色が変化したように感じます。
裏と表にはノミ目が施されていて、
ささやかな模様を作り出しています。

201411-8.jpg

写真では、それぞれ違う木目や、色を
お見せしにくいのですが、
小さな節や、木目、色の違いなどがあります。

本日、再入荷致しましたので、
売り切れていたウォルナットも間もなくweb通販再開します。
ぜひ、ご覧くださいませ。


そして、ペースダウンしていますが、商品も入荷しますので、
お楽しみに♪




木のプレートに関する以下のページもぜひぜひご覧くださいませ!
関連ブログ→新着 木のトレイ
web通販のページ甲斐幸太郎さんの木のプレート






丹波焼について思ったこと

こんにちは。

先日の丹波焼陶器まつりのブログでは書ききれませんでしたが、
丹波焼についてもいろいろ思いました。

丹波焼も、信楽と同じく古くから陶芸の里で、
六古窯の一つ、ということもあって、
渋い民芸の器が多いのかな・・・と、予想していました。

でも、うつわにおいても、丹波はすてきな予想外が
たくさんありました。
ほんとに景色は山郷と言った感じなんですが、
作られてるうつわは、なんとまあ、
かわいい、使いたい、背伸びしてない、そんな感じの、
素朴で土のあたたかみのある器が多いなぁ、と思いました。

これは、後から調べたことですが、
丹波焼は歴史的にも、いろいろお客さんや生活、
時代の状況に沿った形で、焼き物が変化しているそうです。
「丹波の七化け」というそうです。
変わらないのは、大衆のニーズにこたえる。
ということだそうです。

そのことも、すごく納得できる器が多かったです。
だから、今使いたいうつわもたくさん見かけました。

お買いものしてる女性の「かわいい~~」
「ほしい~」という声も良く聞こえてましたよ。

そして、丹波はたくさんの窯元が軒を連ねて、
全部を一日では回れないくらいたくさんあるのですが、
同じ窯元さんで、一つのギャラリーやお店の中に、
いくつか作風の違う感じのうつわが並んでいたりしました。

作者が違うのだと思いますが、
作家。という個人単位でなく、窯元。という
一つ屋根の下で、一緒に作る窯元。という単位なのだな、
ということも感じられました。
若者と、ベテランと、どんな風に作業しているのかまでは、
インタビューできませんでしたが、
一緒に作って、同じように分け隔てなく並んでいるように
見えました。(仲間ってすばらしいな~、と、のんきに感動)

そんなわけで、また丹波焼も盛り上がっていくのだろうな~と、
思いながら、いくつかお土産を買って帰って、お料理したら、
テーブルの上がかわいい感じになっていました。

201411-3.jpg


盛り付け写真はまた、いつか。
さいえでも丹波焼、取扱いできる日がきますように。





SNSの世界の外

こんにちは。

さいえの実店舗がないので、通販という形をとらせて
いただいていますが、コンピューター作業が苦手で
さくさく進められていないのが、自分でももどかしい最近です。

SNSもいろいろありますが、楽しく見させてもらうのは
いいのですが、発信に関しては下手だなぁ。と思って、
これもまたもどかしいです。

ブログもホームページもやっと使い慣れたところから、
新しいホームページに移動しきれていません。

通販のページは←こちらから
新しいホームページは←こちらから
※通販も可能です
ぜひぜひごらんくださいませ。


SNSはリアルタイムで、キラキラした日常とか、
レアな体験とか、感動的な体験とか、
そんなことがじゃんじゃか語られています。

どこかへ行ったこと、
誰かと会ったこと、
かわいいもの、
おいしいもの。いろいろ。


そんなキラキラじゃない、ふつうの出来事を少しだけ。
201411-1.jpg

気になっていた本を買いました。
笹井宏之さんの作品集
「えーえんとくちから」
うつわのでてくる作品が一つありました。

「からっぽのうつわ みちているうつわ それから、その途中のうつわ」

201411-2.jpg

そんな感じを再現してみました。
3人くらいでお茶飲んでたら、よかったんですけど。


短文とか詩が好きな人にはおすすめです。
もう一つ、お箸が出てくる作品。
「栄光の元禄箸を命とか未来のために割りましょう、いま」




ふつうの今日もキラキラさせる、うつわも文章もあって、
秋っていいですね。

箸置きラッピング中

こんにちは。

さいえは、事務所こそ片づけも済んで落ち着いていますが、
次店舗については、まだまだ準備中です。
というより、店舗については、もっともっと準備してから。

という心構えになってきました。
もっとたくさん準備でできることをしたいと思っています。
閉店前に、早く次見つかるように・・・と、たくさん励ましのお言葉を
いただきましたが、当の私は悠長にしてしまっています。。

次、一番早いさいえのお目見えは、今のところ2月のデパート出店です。
それまでは通販をよろしくお願いします。笑
そして、どんな風にできるか、未定な部分も多いですが、
店づくりも含めて、デパート出店をいいものにしたいなぁと思っています。
まだまだ先ですが、どうぞよろしくお願いいたします。


というわけで、ラッピングでも、
売り場を盛り上げられたら-、と思っていろいろ試しています。

お箸置きいろいろ
201410-20.jpg

201410-21.jpg
ラッピングを試案中です

201410-22.jpg

こちらは小鉢。
京都の窯元 陶峰窯さんのうつわです。
全体的に日本っぽいですが、どことなく外国感もただよっている
写真になりました。
201410-23.jpg
メイドインジャパン感いい感じの一枚になりました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。