海外で人気のnanbutekki

春が来ていますね。

春は年度初め、桜とともに始まり感が満点になってきます。
うつわも衣替え、買い替えのお客様が多いように思います。

しばらく買うきっかけを待っていた!というような、
湯呑みとか、急須とか、お箸etc が、
この時期にはご好評かな!?と思います。

kyusu-1.jpg
南部鉄器の急須 ミニサイズです
日本茶の飲みきりサイズです。
kyusu-2.jpg
掌におさまるかわいいサイズ
3990yen 0.3L

さいえの南部鉄器は岩手県奥州市で製造されたものです。
コチラご参考に…

最近、そんな岩手の製造元さんたちは、
大忙しなのだそうです。
高い工芸品の鉄瓶を作っても作っても、間に合わない!状況らしいです。
(某社長談)

その理由は、海外のお客様の注文が殺到しているから、
だそう。
注文先はヨーロッパ、アメリカ、台湾、中国など(?)。
実際使っているところを見てみたいですね。

でも、欧米で人気、アジアで人気、となると、
南部鉄器はオールマイティなシーンに似合うってことなのでは
ないでしょうか。
どんなモダンなキッチンにも、ちょっとアジアチックな
応接間なんかでも。

凛とした姿だから、どこにいてもかっこよい感じなのでしょう。

日本でもじりじり消えない人気という感じがしますが、
多分、フランスのボジョレーヌーボーのごとく、
自国の人は意外と冷静…な感じなのかも。

鉄分補給には、鉄瓶を。
インテリアとして楽しみたい方は、ミニサイズの急須が
おすすめです。
そして、日本人はやっぱり黒がいいんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト