スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹波焼陶器まつりはすばらしいイベントだった

こんにちは。
実は先日の金曜のブログはお休みしてしまいました。
楽しみにしてくれているみなさま、すみませんでした!

今後は、金曜ではなく、
火曜を定期更新日にしたいと思います。
(今日はすいようなんですけどね!笑)そして、
+αも積極的にしたいなーと思っていますので、
よろしくお願いします。

さて。
先週末、10/18-19 に、兵庫県の丹波焼の里、
JRで行くと三田駅をさらに西へ向かって相野駅という所で
行われていた陶器まつりに行ってきました。

さいえでは、丹波焼を取り扱ったことはなく、
実は初めての訪問だったのですが、
この陶器まつりが素晴らしすぎて、
今回は、どんなところが良かったかを、
箇条書きにしていこうと思います・笑

今回の陶器まつりは両日ともに、4万5千人ほどの
来場数でここ数年の中でも、大盛況のおまつりだったようです。

よかったこと、その1
全く初めて行った場所で、駅を降りてから、
とてもとてもスムーズに会場まで行けたこと。

私があらかじめ調べていたことは最寄駅と、
現地まで向かうバスが出てる。ということだけだったので、
現地で迷うことなく安心してお散歩できて、最高でした。

201410-8.jpg
着いたところにある“立杭 陶の郷”
たくさんの窯元の器が軒を連ねるように見られる場所
好きな窯元を見つけて、これからどこを訪ねるか
ここでチェックする、って感じの場所です。

201410-9.jpg
ランプシェードも陶でできてる


よかったこと、その2
フード&サービス

今回のおまつりのテーマでしょうか、
パンフレットには「うつわと料理のステキな関係。」という
キャッチフレーズがありました。でも、このパンフレットは
私、今、確認したので、当日は見てませんでしたが、
でも、このテーマが十分たっぷり伝わるおまつりに、
各窯元さんも展示されてたと思います。

そして、フードもすごく充実していました。
しかも、フードはほぼすべて、陶器の食器とカップで
サーブされており、イベント全体の印象としても、
ごみが少ない!と感じていました。

201410-10.jpg
ささやま牛のホットドック!!
窯焼きピザや他にも地酒?とかもあったようです。

201410-13.jpg
この広場全体がフードコートになってる。
この写真よりもっと広いスペースのフードコートです。

201410-11.jpg
こんな灯りのオブジェとかもありました。
アートイベントみたいな気持ちにもなりました。

こんなにたくさんの人数の食器を使うことは、
すごく労力のいることなのが、わかる分だけ
おいしさアップしていました。
(一人ごはんでしたが・・・)
これから、すべてのイベントが、ごみを減らすために、
リユースできる食器でフードサービスしたらよいのに!
と、適当な考えかもしれませんが、思ってしまいました。

よかったこと、その3
とても広い範囲をおまつりエリアとしていながら、
無料巡回バスと、徒歩で、お天気も良く、
最高の遠足ルートだったこと。

空気がおいしく、陶器と一緒に黒枝豆も旬で、
色んなシーンのひとつひとつが秋を感じさせてくれました。
201410-14.jpg


よかったこと、その4
窯元さんたちのアットホームさ

ギャラリーが併設していたり、
ほんとに家の土間あたりまで入っていけたり、
お店っぽくなっていたり。
色んなタイプの窯元さんがいて、楽しかったです。
おまつりだから、というのもあると思いますが、
お客さん個人個人を受け入れることに、慣れてらっしゃるのかな。
とも、感じました。
201410-15.jpg

201410-16.jpg

ジャズが流れるお店があったり、
小さい子供が集まっているお店があったり、
勝手に、親戚の一人になったような気分になりました。笑

201410-17.jpg

よかったこと、その5
最後に、このイベントはたくさんの人が、
今日のためにがんばってきていることが明らかでしたが、
その中でも象徴的だったのが、現役最古の登り窯の復興を
シンボル的に紹介していることでした。

たくさんの人によって守られている登窯は、
愛されているだけあって、きれいで、素敵でした。
器と同じく、登窯も使うのも見るのも素晴らしい。
そんな風になっていくのでしょう。
201410-18.jpg

登り窯を中心として集まる窯元は、
この窯を見に来た人のお土産やさんのようでもあるなぁと思いました。
あの人の分の器も買っていこう。とか、
そんな風なお買いものっておもしろいなぁと思いました。
201410-19.jpg
お土産の一つ。
簡単なパッケージだけど、とても気に入りました。


私もイベントに参加したり、これから、デパートに出店を控え、
考えることもあった中、素晴らしいイベントとは、
足を運ぶ者にとってはシンプルなものなんだなーと、
秋の収穫になりました。

素晴らしいところがあり過ぎて、
書ききれなかったので、器に関する考察は
次回に書かせていただきます。
長々と、読んでいただいた方、
ありがとうございました!!!

つづく・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。